感情(心)を眺め、考えてみる(頭)
両方が一致したとき
からだ は心地よいものになる

【FEELING(メンタル)】リンパマッサージ(お腹)or ハーブよもぎ蒸しと心理学を組み合わせたセラピーで、体と気持ち、そして思考を一致させ、心で体を変えていきます。お腹から体の緊張をとるので、気持ちに緩みが出るのと同時に思考が広がります。「自分を出せる(話す)場」は、普段気づかない気持ちを引き出します。「どう話したらいいか分かりません」そんな方も、お腹セラピーと組み合わせて体の中心からリラックスした自分を体感してください。
【BODY】リンパマッサージ・お腹セラピーで、むくみやコリ、便秘解消、冷え性改善など、おひとりお一人に合わせたオーダーメイドメニューを提供します。むくんで滞ったお体をじっくりほぐします。体の良い状態を知るきっかけになります。

 

メンタル&ボディの同時セラピー

このセラピーは「話す」ことに重きを置いています
体の緊張を取り、日常に感じるストレスなど心の疲れを流します。

「私、こんな風に思っていたんですね」あなたの感情・思考の当たり前に気づき、「そんなこと考えたこともなかった」という新しい発見をあなた自身の中から見つけます。

心理学・リンパマッサージ・腸セラピー・ホットーストーン・よもぎハーブ蒸しを取り入れた特別なセラピーです。

【メンタルケア】心理学をベースに「本当の」感情や気持ちを引き出し、症状や悩みを引き起こすパターンや思考の癖を見つけます。
【ボディケア】お腹セラピーorハーブよもぎ蒸しを取り入れ、むくみを取りながら力の入った体をリラックスさせることで、思考にゆるみを持たせます。

セラピーでは①頭(思考)②心(感情)③体(行動)この3つを明確にします。
ご自身で本当に必要なことに気づきます。すると、「体に良いことやってるのに、何をやっても変わらない、やっぱり私はダメだ…」そう思うことがなくなっていきます。

  • どんなに「頭で」頑張っても間食を止められず、いつも自分を責めていた方が習慣を変える
  • 他人と自分の価値観の違いを理解し、人と比べなくなる
  • ネガティブな感情に振り回されなくなる
  • 色々なケアを試しても眠れずに悩んでいた方が、朝までぐっすり眠れた
  • サプリや食物繊維を摂っても出ないと困っていた便秘だったのに、翌朝スルッと出た方
  • 残業が続いて生活リズムが崩れても、固いお腹に戻らなくなった方

このセラピーは、自分の思考や行動パターンを知って自分の中から改善方法を見つけ、心の疲れや身体のむくみといった不調を解消しようというものです。

カラーズ飯嶋ひろ子
飯嶋ひろ子

むくんだ状態に戻らない・戻っても自分でケアできる・自分を責めない、そんなことが自然と起こるのは、外側から整えるだけではなく、ご自身の内側(メンタル)が大きく広がったからです。新しい選択肢や可能性に気づいているからとも言えます。これが、このセラピーの大きな特徴です。

※心理学の分野である、NLP(神経言語プログラミング)/アドラー心理学/現代レイキ/LABプロファイルを取り入れています。

『お腹をゆるめる』ボディセラピー

第二の脳と言われる腸は、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンを多く分泌します。セロトニンは小腸から多く分泌されます。このホルモンは、感情や気持ちをコントロールし意欲的にすると言われています。だから、お腹を緩めたり腸内環境を整えると、気持ちが軽くなったり視界が明るくなる、前向きになる、行動的になるのは当然のことなのです。

お腹がむくむ、固くなる。ちょっとしたストレスでも呼吸は浅くなり、体は固くなります。腸の動きが鈍くなれば便秘にもなります。

多くの方が気にしている「ぽっこりお腹」も、便秘や脂肪だけが原因ではなく、呼吸や食事・ストレス・姿勢・冷え性・など様々な理由が考えられます。

感情を頭で押さえつけるとお腹は信号を出します。
お腹が痛いのに「どこも悪くなかった」ということもあるように、お腹はとても敏感なのです。

だから、緊張で固くなった体で改善方法を考えるより、お腹をゆるめて思考に柔軟性を持たせた方が、より納得する解決法を見つけることができます。

「そんなこと、考えもしなかった!」なんてこと、よくありますよね。

体の老廃物の75%は便と言われるから、「出ないのはダメ!」と不安になってしまいます。
また、眠れないのは、ストレス?動いていないから?

健康食品など体に良いものを試し、便秘を解消する方法を探します。
ストレスを無くせば寝れるでしょうか?ストレスのない生活できますか?
その方法で解消すればいいですが、「何をやっても変わらない」結果になってしまうなら、症状の「なぜ」を、少し掘り下げて自分の身体をみると結果は違うはずです。

多くのことを試してみて、逆に便秘や不眠に繋がってしまっている方も多くいらっしゃいます。

冷え性もそうです。
手足が冷たいと感じることだけが冷え性ではありせん。
お腹やお尻、背中を触ってみると、冷えていることに気づきませんか?

体の巡りを悪くする内側の冷えも、体と心を固くする要因の一つです。

血流が悪くなり体が固くなれば、身体の動きも鈍くなります。
そうなると動くのが面倒になります。
すると、筋肉を使うことが少なくなるのでまた血流が悪くなる、という悪循環を繰り返してしまうのは当然です。

筋肉の動きは神経を刺激するので思考にも大きく影響するとも言われています。

肉体の疲れからの「だるい」は寝れば解消しますが、「動いてないのにだるい」時は、心が疲れていることが多いのではないでしょうか。

身体の動きと心の浮き沈みは関係しているとも言えるのではないでしょうか。

セラピーの内容は、症状やご気分に合わせてお選びいただけます。
※話すだけのメンタルケアだけのご希望も可能です。

①体を芯から温めて緩めるハーブよもぎ蒸し
②お腹から流して腸リンパにも働きかけるお腹セラピー

「ハーブよもぎ蒸し40分」
※よもぎ蒸しにハーブを取り入れます。

よもぎに入りながらのコンサルテーションからスタートします。深部からじんわりと温めるので、体が緩み、気持ちにゆとりができます。思いもしなかった発見や、解決策の糸口を見つけられる方も多いので、はじめての方にもお勧めです。(よもぎ蒸しは生理中の方は足浴になります。また妊活中・妊娠中の方は、必ずご相談ください)

「お腹セラピー30分」
※通常のボディセラピーと同じように腸にもアプローチします。

体に力が入っていることや呼吸が浅いことに気づかずに、当たり前に固くなっているあなたのお腹を、状態を見ながら全体が流れるように触れていきます。ヒーリング効果が高まり、緊張がゆるみ、あなたの潜在意識にも働きかけます。体の方から緩めて心や思考にアプローチし、セラピー後も持続、変化する身体にしていきます。リピーター様にお勧めです。

『気持ちを引き出す』メンタルセラピー

カラーズ飯嶋ひろ子
飯嶋ひろ子

カウンセリングやコーチングとは少し違います。また、誰かに相談してスッキリするのとも違います。誰の目も気にすることなく心の中にあるリアルな感情「これ、言っていいの?」を言葉にします。正しいかどうか、相手にどう思われるかより、あなたが思っている事実を大切にします。私は、ただ聞き、そして、あなたが気づくきっかけとなるようなお声かけをしていきます。お一人おひとりがしっかりと”腹落ちする言葉”で「えっ!?」を体験してください。ここが大きく気づく瞬間でもあります。

たとえば、こんなことを考えたことはありますか?

  • 太るのは、なぜよくないんだろう。
  • お菓子を食べると、どうして後悔するんだろう。
  • なぜ、失敗すると落ち込むんだろう。
  • なぜ、人と比べてしまうんだろう。
  • どうして子供は反抗するのだろう。
  • 自分を責めると、なぜ苦しいんだろう。
  • どうして便秘はよくないって思うんだろう。
  • どうして人間関係で疲れるんだろう。
  • どうして自分を好きになりたいんだろう。
  • イライラしたり怒るのは、なぜよくないんだろう。
私たちは、たった10%の顕在意識で判断し行動していると言われています。育った環境や経験、習慣から考え方を学び、そこから多くの「当たり前」ができていきます。擦り込みや思い込み、ブロックやストッパーとも言われてますね。
一方で、潜在意識は90%と言われています。この潜在意識には、気づいていない考えや思いがあるので、そこに目を向けると「なぜ?」の具体的な答えが自然に出てきます。さらに、自分の中から新しい選択肢や可能性を発見をすることができます。

「〜しなければいけない」といった無意識の癖は、ブロックやストッパーとも言われますが、実は自分を守ってくれたり頑張る力にもなります。

だけど、もし、この「ねばならない」が、体のむくみや怠さ、気持ちの落ち込みを引き起こしているのなら、対処法を探すより意識の癖を見直してみるのもいいですね。

自分の『頭と心』を知る

■「頭」は 過去の経験からくる思考、価値観、望むもの
(ねばならない、損得を考える、人の評価を気にするなど)

■「心」は 体の感覚、直感、求めるもの
(心地よい、瞬時に思うこと、本当はこう思ってる、こうしたいなど)

■「体」は “頭と心”の言葉の違いすぎると、症状として表します。

疲れた(体)とわかっても頑張らないといけないと考えるのは「頭」です。
疲れたから休みたいと思うのは「心」です。
疲れている(心)から甘いものが欲しくなると意味づけするのは「頭」です。
食べちゃいけないと思うのも「頭」です。
癒されたいと思っているのが「心」です。

これが、頭と心の違いですが、どちらを優先するでしょう。

行動するかは別として、休みたい・癒されたいという気持ちに気づくことは「本当の自分」を知る上で大切な一歩になります。

「メンタルが体を変えるなんて大袈裟」と思われるかもしれませんが、普段は気にしない潜在意識に目を向けると、大袈裟が目からウロコ!に変わります。

自分が我慢すれば職場の空気が良くなると思って、人の仕事までやって疲れていました。わかっていても、どうしていいかわからなくて。違う方法が自分の中にあったなんて気づきもしませんでした。

改善方法より自分は本当はどうしたいのかを優先して考えると目からウロコが起きます。
本当はどうしたいのかに気づけば、「頭ではわかってるのに…体にいいことやってるのに…」ということがなくなります。

痩せない、いつも太ってる私

そう捉えてるのは、あなたの「頭」です。

たとえばそれが脂肪ではなく、「むくみ」だとしたらどうするでしょう。
痩せる方法が、実は太る行為だったとしたら?
痩せれば綺麗になれるという価値観を持っているとしたら?
太っている自分を否定するがあるとしたら?

「太っているから痩せなきゃ」と思う理由が分かったら、果たして体重を落とすだけのダイエットをするでしょうか。
違う方法があるなら、どんな行動をするでしょう。

「こんなに食べちゃった」責める声が頭から消え、気になる健康情報、つい眺めてしまう SNS も自分に必要なものだけを拾うことができるかもしれません。

また、くりかえし続けられない運動に励む自分に頭・心から嫌気が差すのを止め、お風呂の中・眠りにつく前、気づくとリンパに沿って撫でてあげる習慣が生まれるかもしれません。

クライアントさま
クライアントさま

お菓子やパンを食べるのがやめられなくて、ダメだなって思うんです。

カラーズ飯嶋ひろ子
飯嶋ひろ子

やめたいのは、お菓子やパン? 食べること? それとも自分をダメだと思うこと? どれでしょうね。

多くの方が「ダメなのに食べてしまう」ということがあります。
でも、実は「自分を責めること」がつらかったりするんです。

困っていることやつらいことを細かく分けてみると、本当につらいことが何か分かります。

何でもないお話しから、その方の「当たり前・思考の癖・行動のパターン」を見つけることができます。

考えて行動を決め、そして体が動いてく。
「こころ」と「からだ」全体を見ずして、身体への本質的なアプローチは始まらないのです。

こんな方へのメニューです

<体の症状>

  • 体が怠く動くのがつらい
  • 痩せてもリバウンドする
  • ついお菓子を食べてしまう
  • むくみを解消してもまたむくんでしまう
  • お腹が張っている、便秘
  • 体に良いことしても変わらない
  • いつも疲れている

<心の症状>

  • イライラやネガティブをやめたい
  • 人間関係を改善したい
  • 子育てに自信がない
  • 自己肯定感を高めたい
  • いつも上手くいかない
  • 人の目を気にしてしまう
  • 自分に自信を持ちたい
  • 人の顔色伺わない自分の軸が欲しい
  • 生活習慣を変えたい

※話すだけのセッションも可能です。

『腑に落ちる』ご感想を頂いています

改善しないぽっこりお腹が気にならなくなった。

何年かぶりに朝までぐっすり寝れた

コンプレックスだったはずのお腹に自信が持て着たい服を着るようになった

イライラしたり疲れると甘いものを食べていたのに、欲しいと思わなくなった。

前向きに考えられるようになってきたのも、体が変わってきたからだと思います。

いかに自分が気持ちを押し殺しているかが良く分かります。もう少し自分を解放して、自分の気持ちに素直になってみようと思います。

ダイエットしても体重が落ちなかった方は、腸リンパのお話から「ストレスは太る」が腑に落ちたそうです。

 

ダイエット、便秘、肩こり、不眠症、冷え性、人によって症状が異なる更年期障害など改善するための情報はとても多く、何が自分に良いのかわかりません。

『ストレスで甘いものを食べてしまう。やめなきゃいけないのにやめられない。ストレスを無くすことはできないし…』

『食べるのを控えようかな、カロリー低いのにしようかな、嫌なことを気にしないようにしようかな。頭では分かっているんだけど…』

食べてしまう理由がストレスとは限りません。本当にやめたいことは何だろう?どうしてやめたいの?じゃ、どうしたいの?自分に問いかけてみると解決のきっかけが見つかります。「食べる」と「ストレス」を分けると、違う選択肢が見つかることがあります。

心のモヤモヤや体に出る症状を「普通」に当てはめないで、ご自分の「こころ・あたま」に当てはめると、あっさり変わることは多いものです。

【FEELING】心と体のフィーリングセラピーは3つ

このセラピーでは五感を使い、日常ではあまり使わない言葉で視点を変え、普段は見えないことを客観的に見ていきます。

今まで考えもしなかった発見や気づきがセラピー後も続くので、心がモヤモヤしたり、体に症状が出た時の対応が変わります。

人にどう思われるかじゃない自分軸で考えるって、こういうことかも…と分かった気がします。

自分がないと思っていましたが、色々な自分がいることに気づきました。いてもいいんだと納得もできました。

驚くほど色んなことを吐き出して、睡眠・朝のお通じが変わった。

そうやって勝手に心と体が繋がっていくから、朝までグッスリ眠れたりむくみを解消(デトックス)したりするんですね。

きっと、「え?この症状は“心”だったの?」と思いますよ。

トークセッションと、よもぎ蒸し、またはお腹のセラピーがついたセッションの3つをご用意しています。

①メンタルトークセッション90分/15,000円(税込)

②メンタルトークセッション90分&よもぎ蒸し40分/23,000円(税込)

③メンタルトークセッション90分&お腹セラピー30分/20,000円(税込)

どのコースも、心身を作るための食などの生活習慣、お腹についてのご相談いただくのも可能です。

①メンタルトークセッション90分

お話しいただく内容に決まりはありません。
「こんなことを話していいの?」そういったことをお話ください。

対人関係
子育てのこと
家族のこと
そして、自分のこと

  • イライラしてばかりの自分が疲れる
  • 子供の気持ちがいうことを聞いてくれない
  • いつも自信がない
  • 誰かと比べてしまう
  • 生活習慣を変えたい

「話したいけど、どう話していいかわからない」と思っても大丈夫、お任せください。

五感を使い、自分が話したいことを感情(心)で話すので、本当の自分が見えてきます。
話すだけでも十分に身体の変化を感じます。

リピーターの方にお勧めのコースです。

トークセッション90分/15,000円(税込)

フィーリングセラピーご予約はこちら

 

②メンタルトークセッション90分&よもぎ蒸し40分

このコースは、①のトークセッションに加え、ハーブよもぎ蒸しがつき、その際にはコンサルテーションも行います。

「思っていたよもぎ蒸しと違う」よく頂くご感想です。

心がけているのは

  • 汗をかくことより温かさの持続を目的とする
  • その季節、体に合わせた薬草選び
  • 体調に合わせた時間配分

あえて、汗はじんわり程度にする事もあります。

よもぎ蒸しも、直後より翌日です。

暖かさが持続しているか?
質の良い睡眠が取れたか?
お腹にも効果的に働いているか?

効果が出やすいので、お体に目を向けて見てくださいね。
どのフィーリングセラピーにするか迷われる方や、初めての方には、このよもぎ蒸しオプション付きがお勧めです。

②メンタルトークセッション90分&よもぎ蒸し40分/23,000円(税込)

フィーリングセラピーご予約はこちら

 

③メンタルトークセッション90分&お腹セラピー30分

このコースは、①のトークセッションにお腹をほぐすセラピー(腸リンパ)がつきます。

心と体の相乗効果で、実際に動ける身体を体感いただけますし、セラピー後も効果は続きます。

通常のセラピー同様にホットストーンを使い、遠赤外線効果でお腹の芯を温めながらほぐすので、終わった後は軽さを感じていただけます。

身体は緩んだ状態を感覚として潜在意識に記憶してくれるので、知っておくことは重要です。
その上で、あなたが良い状態でいる心地良さを知っておくことはとても大切なのです。

リピーターの方にお勧めのコースです。

③メンタルトークセッション90分&お腹セラピー30分/20,000円(税込)

フィーリングセラピーご予約はこちら

ボディセラピーはこちら