朝5時半に目覚ましがなって「起きようか、もう少し寝てようか」と考える。
起きることにしてリビングに下り「お湯を沸かすか、もう少し埋れようか」と今度はyogiboに包まれて考える。

朝のたった10分程度の出来事。
人は、いつも選択や決断をしているっていうけど本当だわ。

ついでに料理。
白ごま使う?黒ごまにする?

卵焼きを作るとき、料理としてのビジュアル重視なら、トマトソースとブロッコリーと「黒ごま」
ムスメ、JKのお弁当としてのビジュアル重視なら、トマトソースと葉物と「白ごま」
(矯正中の歯に黒ごまやブロッコリーが挟まるとコントになってしまうから)

お味噌汁なら、すった「白ごま」
ドレッシングも「白ごま」使うことが多いなぁ。

どっちが好きかと考えれば、精米前の玄米と同じように「栄養価高そうだから」という勝手なイメージで「黒ごま」

我が家は、「ごま」同様にマッシュルームもよく使う。

さぁ、ブラウンマッシュルームとホワイトマッシュルーム
これもごま同様「栄養価が高いんじゃないか?」と勝手なイメージでブラウンを選ぶことが多い。

サクッと検索してみると、万能選手はホワイトのようです。
マッシュルーム、実は奥深かかった。
引用元: https://www.mushroompower.jp/column/マッシュルームのギモン/column-650/

ゴマもマッシュルームもどうでもいいと言えばその通り。
だけど、日常にはどうでもいい些細なことを「どっちか」に決めることって非常に多い。

ちょっと極端に言うと「白か黒か」「100か0か」みたいに。
ワタシは「10ゼロ」より「100ゼロ」タイプです。

こうなると「選択」という緩みがあるのとは、また違った感じがしてくる。
「選択」って言葉に「間違っても大丈夫」という安心感があるなぁ。

子供の受験時、私自身が「選択」という姿勢を保つことができたら良かったと思う。子供と親の第一希望が違ってどちらを受験するかで非常に悩んだ。(今思えば親は関係ないんだけど)結局、親の第一希望に入り、そこから想像もしていない試練の中学3年間を送ることになった。

子育てでの決断て難しい。
もちろん、夫婦の関係もそうだけど。

決断を間違ったか?と思うことだってよくあることだ。
だけど、もしかして良かったかどうかは、どの時点で見るかで結果は違うんじゃいか?

ムスメが中3の時は「ごめん」と思ったし、チャレンジさせてあげればと後悔もした。
この時点でみると、親の決断が間違っていたとみることもできる。

高校生になった今でみると「大変だったからこそ、この学校で良かった」と、親として良い提案ができたと◎をする。

結婚もそう。

良かったかどうかなんて、その時の「今」で変わってくる。浮気はアウトと思う人もいれば、許す人だっている。生活習慣の癖が許せなくなってくきて別れる人だっているわけだし。

うちは、日曜大工的なことはワタシがやるのだけど、そんな時は「やってくれる人がよかった」と思う。
一方で、ワタシが何か新しいことをやってみたいと言うと「そう思うならやってみた方がいい」と言う。すると「この人でよかった」と思うわけですよ。が、今度はワタシは「熱血」だと思っている自分の姿勢を、オットに「圧があって苦手だ」と言われると「こんなに真逆でいいのか?」と思う。

だから、結婚が良かったかどうかを判断するなら、どこで判断するかじゃないかと思う。

すごく大袈裟に言えば、人生のどこで選択や決断をしても、決めたその先にまた選択や決断はやってくる。
朝5時に目覚ましがなって起きないと決めたとしても、次に「何時に起きようか」って考えることが出てくるようなもの。

決められなくて悩むっていうのもある。
ここは、あえて「悩む」と決断して別な選択肢が浮かんでくるのを待つのもいいかも。

「グレーもあっていいんだよ」よく聞くし、ワタシも言う。これも、時と場合によっては「グレーって、濃いの?薄いの?」って面倒なことを言いたくなることがある。

この言葉のチョイスや捉え方の違いが誤解を招くというのをNLPを学んで知った。
当たり前に使う言葉でも、自分にストンと落ちる言葉が見つかると納得できるから不思議だ。

「白黒とは限らないよ。何色でもいいし、決めなくてもいいよ」
「決めてもいいし決めなくてもいい、このままでもいいよ」
二択じゃないってこと。

白か黒、緑があってもいいよね。
全部あってもいいんだよね。

ある日、オットが会社用のセーターを欲しいというので一緒に買いに行った。

色に悩んだオットは、ワタシに決めてくれという。悩んでいる色をみたワタシは「どっちでもいいわ!」と本気でイラッとした。
濃いグレーとネイビー、どっちも限りなく黒に近いんですけど。

遠目に見たら同じ色なんだからどっちでもいいじゃん、と思うワタシ。
濃いグレーとネイビーは白黒くらいの違いに見えたんだろうな、オット。
(せめて、グレーとネイビーにして欲しかったけど。)

色の見え方って面白い。
こうやって分析してみると、色んな人がいて面白いなとイラッとしたところから遠ざかることができる(笑)

白や黒、グレー、緑があってもいいんだよ。
全部あってもいいんだよね。

だから、選択と決断の多い毎日も、ネガティブ・ポジティブの毎日もカラフルでいこう。