自己肯定感より自己否定感

2016年 自己肯定感を大切にした教育を行う娘の通う学校で保護者向けに行われたNLP(神経言語プログラミング)「親子のコミュニケーション講座」をきっかけに、本格的に心理学を学び始めました。

「自分を好きになれたらラクだろうな」
「本当の自分を知りたい」
「自信を持ちたい」

こんなお決まりのセリフが、ずいぶんの長いこと自分の中にあったと思います。「こんな私じゃダメ」と言ってるのと同じですね。

自分が自己肯定感が高いとか低いとか考えたこともなかったし、「人生、こんなもんじゃない?上を見たらキリない」と思っていました。自己肯定感なんて言葉も私にはなかった。

NLPを学びはじめ、自己肯定感が高くなるどころか、それまで「気づいていなかった自分」を直視することになり、だんだん苦しくなっていきました。

カラーズ飯嶋ひろ子
飯嶋ひろ子

ダメな自分ばかり出てくるし、見ないようにしていたことまで湧いてくる。好きになりたいのに、こんな私…ばっかり。おまけに、誰かのせいにしてる自分、環境を言い訳にしている自分、誰かに指摘されるわけでもなく自分で見つけちゃって。こんなはずじゃないのに、嫌な自分の宝庫でお手上げです(笑)

「ありのままの自分を肯定する」
「人と比べることなく、自分自信が自分を認める」

それが自己肯定感なら、真反対にいるな、私。

自己否定、自分をさらけ出して見えたもの

40歳過ぎてるし、子供もいるし。そんな大人が、怒る・泣く。
思い出したくない過去をわざわざ引っ張り出してきて、それを取り上げる。

悲しかった
寂しかった
惨めだった

そういう感情があったことを認めるのは、ちょと大袈裟に言えば、それまで頑張ってきた自分を否定するような気持ちになります。

「だけど、ああするしかなかったんだから」

人に嫌な思いをさせないようにとか、人に嫌われないようにしてるのに、感情は溢れてしまう。

普段の生活の中では、怒りやかなしみというネガティブな感情は、そのまま表に出すことはほとんどありません。それが「普通」だと思うから。

「こんなこと、言っていいの?」
「おかしい人と思われない?」
「嫌われない?」

いつもの私なら、こんな風に考えて心に留められるはずなのに、全てさらけ出さずにはいられない。
どうしていいかわからず、泣く・怒る・乱す。
意見を求められても無視。

口を開いたかと思えば、「帰りたい」と輪を乱す。

怒鳴る。

悲しい過去を思い出したり
後悔で自分を責めたり
自分でいることがつらく悲しくなったり
誰かのせいにしてはまた自分を責める

止めようと思っても止まってくれないネガティブな感情は、「どう思われるかなんて、もうどうでもいいよ」にしてくれました。

こんな風に場を乱したら嫌われるんじゃない?と気にする自分もまだいるのに、誰とも関わりたくない、声をかけないで欲しいと思う。

「みんな、怒っている人間といるよりハッピーな人といる方がいいに決まってる」

だけど、トレーナーやリーダー、仲間が「面倒な私」の「面倒な話」を、否定もせずに聞いてくれましたおかげで、安心して素の自分と向き合うことができました。

「大丈夫」だと思える中で安心して落ち込むと、体から力が抜け「ありのままの自分」でいる実感がすごくあります。

なぜ、私は嫌なのか
なぜ、私はイライラするんだろうか

悩むことは避けたい、ダメなことと思っていたのに「その事実だけ」を見るようになっていました。

カラーズ飯嶋ひろ子
飯嶋ひろ子

つらいことや悲しいことって何とかしたいんですよね。そのまま頭や心にあるのはもっとつらいから、抜け出す方法を探しちゃう。だけど腑に落ちる「正解」はなかなか見つからなくて。そのうちに疲れて「どうせ私は」とまた自分を否定する。私はそんなスパイラルにどハマりしていました。

本当の自分て、その時々の喜怒哀楽の感情全てが本当の自分

嬉しいのも本当
イライラするのも本当
寂しいと思うのも本当
そして、楽しい時は思い切り笑うことができるのも私です。

人の評価はその人の意見として受け取るけど、その意見をどうするかは私の自由。
相手の顔色を伺わず、自分の心地良さで選ぶことができる。

すると、自分がどうしたいのかを考えられるようなりました。

怒りや悲しさを人前でさらけ出すということはとても難しいことです。
だけど、それがしたから、今の自分も本当の自分なのだと気づけたんだと思っています。

自分の気持ちをそのまま言葉にすることが、どれほど大切なことなのか。

「話さないとわからない」
コミュニケーションをとる上で言葉は大切ですが、自分を知る上でも言葉にしないと分かりませんね。

テレビに出たくなかった訳

「こんな私じゃ出られない」
NHKさんから電話をいただいたとき、真っ先に思ったことです。

こんな私とは「こんな見た目」の私。
雑誌をお断りしてた理由もそれでした。

サロンでの施術風景だけの予定が、スタジオ収録にも参加することになり落ち着かない私に夫が言います。

「嫌なら断ればいいじゃん。」

おっしゃる通りなんだよ、、、。
でも、問題はそこじゃない。

トレーナーに「テレビに出る自分を見たくないんです」と相談した時、自分のあるパターンに気づきました。

「私は、いつも自分のダメなところしか見ていない。」

自分の粗探しが得意で、良いところは目に入らず悪いところばかり目についてしまう。

そう気づいても、テレビに出るとなると話は別!

子供が何か言われるんじゃないか。
立ち振る舞いから自信のなさがバレてしまうんじゃないか。
誰かに何か言われるかも。

何よりカッコ悪い自分を見るのは嫌なんです。

だけど、自分が思う姿も誰かの意見もそれぞれが事実だと思うとスッと抜ける感じがしました。良い悪いのジャッジをしてない自分に驚きました。

多くの方から「お会いしたかったです」と言っていただいた時、素直に嬉しいと思えるし、心から笑っていることにも気づきました。

「誰かが思う私」と「私が思う私」
両方があることは私にとって大きな変化です。

自分が喜ぶこと、本当は知っている

本当は嫌だな、つらいなと思っても、誰かのためを思って自分の気持ちを後回しにすることって多いのではないでしょうか。

  • 頑張って働いてくれてるのだから、不満なんて持っちゃいけない。
  • 「◯◯ちゃんのお母さんはいい人」でいないといけない。
  • いつも元気な母でいなければいけない。
  • 一緒にいる人に恥ずかしい思いをさせてはいけない。

「ねばならない」と決めてるのは自分なのですが、「〜でなければいけない」「〜したい、〜でいたい」に変えた時、ネガティブな制限はポジティブな欲しい姿に変わります。

だから、この「ねばならない」は持っていても手放してもどっちでもいいんです。

本当の自分、今はどうでもいいとさえ思います。
ポジティブかネガティブか、それもどっちでもいいんです。

何が楽しい?心地よい?
それを感じることが、私の喜びです。

もし、自分がつらい時があるのなら、一度、向き合ってみませんか?
丁寧に伝えようと思わなくて大丈夫、そのままの気持ちを出して、一緒に紐解きましょう。